特別上級土木技術者資格受験申込み 入力サンプルおよび注意事項
(1)申込者個人に係わる事項  
氏名  
(カナ) (必須.全角カタカナ) 例:ドボク イチロウ
(漢字) (必須.全角) 例:土木 一郎
  Last nameFirst name 
(ローマ字) (必須.半角大英字) 例:DOBOKU ICHIRO
性別 男性 / 女性 (必須)
生年月日 西暦 年  月 (必須.半角数字) 例:1947年09月23日
資格分野 (必須) ※)受験する資格分野を選択して下さい。
会員タイプ フェロー会員 / 正会員 / 一般 (必須)
土木学会会員番号 (半角数字9桁) ※)会員の方のみ記入
メールの送付先 (必須.半角英数)
メール再入力 (必須.半角英数)
申込者個人に係る事項
 1.ご氏名のカナは全角カタカナで、漢字は全角で、ローマ字は半角大英字で入力して下さい。
 2.性別をチェック。生年月日は生年を入力、月日はプルダウンメニューから選択して下さい。
 3.受験する資格分野はプルダウンメニューから選択して下さい。
 4.会員タイプを選択して下さい。土木学会会員(個人会員)の方は会員番号を忘れずに入力して下さい。
 5.メールアドレスを入力して下さい(ここに入力されたメールアドレス宛に「受験申込み」受理の確認

  メールを技術推進機構より送信します)。

(2)自宅住所  
郵便番号 - (必須.半角数字)
都道府県 (必須)
住所 市区郡(町/村) (必須)
町名/地名 (必須)
丁目・番地・号 (必須)
ビル・マンション等  
電話番号 (必須.半角数字) ※)ハイフン(-)を入れて下さい。
(3)勤務先  
名称 (必須) 例:(株)土木建設
部署名   例:四谷支店 土木課
役職名   例:課長
郵便番号 - (必須.半角数字)
都道府県 (必須)
所在地 市区郡(町/村) (必須)
町名/地名 (必須)
丁目・番地・号 (必須)
ビル・マンション等  
電話番号 (必須.半角数字) ※)ハイフン(-)を入れて下さい。
自宅住所、勤務先
 ・ 郵便番号は半角数字で入力、都道府県はプルダウンメニューから選択して下さい。
  (「丁目・番地・号」が無い場合はスペースを入力して下さい。)
 ・ 電話番号は半角数字でハイフンを入れて入力して下さい。

(4)最終学歴  
学校名 (必須) 例:土木大学
学部学科名等 (必須) 例:工学部土木工学科
卒業・修了年 西暦 (必須.半角数字)   (必須)
(5)保有資格  
3つ以内で記入下さい。
上級土木技術者資格は必ず記載して下さい。
※)技術士・RCCMについては、資格分野、技術部門、専門科目等も記入して下さい。
例:技術士(建設部門鋼構造及びコンクリート)
資格の名称 登録番号 取得年月日
西暦
西暦
西暦
最終学歴
 1.学校名、学部学科名等を入力して下さい。
 2.卒業・修了年を入力、プルダウンメニューから当てはまるものを選択して下さい。
保有資格
 ・ 上級土木技術者資格は必ず記載して下さい。
 ・ 技術士、博士(工学)、Ph.D.、コンクリート主任技師等から受験者個人にとって優先度の高い順にその資格名称を

  3つ以内で記入して下さい。

   ※技術士については、技術部門も記入して下さい。
 ・登録番号、取得(登録)年月日も忘れずに入力して下さい。
   ※一桁の月・日は、上記画面の例のように「0」を頭に付けて下さい。

(6)業務経歴に係わる事項  
  1. 業務経歴は、最新の情報を一番上に記入し、最も古い情報が一番下になるよう20項目以内で記入して下さい。
    (20項目全てに記入する必要はありません。)
  2. 大学院に在籍した期間も経験年数に加えて下さい。
  3. 主な業務内容は受験者の立場・主な業務内容・成果が分かるように、3項目合計・全角150〜210文字で記入して下さい。
    (改行は文字数を消費しますので、必要な場合に限っての改行とするようご注意ください。)
  4. 在職期間は半角数字で記入して下さい。ただし、2021年5月末日までとします。
1) 勤務先名
部署名     役職名
在職期間 西暦月〜西暦
受験者の立場
主な業務内容
成果

2) 勤務先名
部署名     役職名
在職期間 西暦月〜西暦
受験者の立場
主な業務内容
成果






20) 勤務先名
部署名     役職名
在職期間 西暦月〜西暦
受験者の立場
主な業務内容
成果
 
業務経歴に係わる事項
 1.業務経歴は、最新の情報を一番上に記入し、最も古い情報が一番下になるよう20項目以内で記入して下さい。

   (20項目全てに記入する必要はありません。)

 2.大学院に在籍した期間も経験年数に加えて下さい。
 3.「主な業務内容」は受験者の立場主な業務内容成果が分かるように、3項目合計全角150〜210文字で簡潔に

  記入して下さい。

 4.在職期間は半角数字で記入して下さい。
    ※一桁の月は、上記画面の例のように「0」を頭に付けて下さい。
    ※在職期間を記入していただくのは受験要件の実務経験年数を満たしているか判断するためです。

(7)賞罰  
特筆すべき事項がありましたら、200字以内で記入して下さい。
※半角文字は2文字で1文字扱い
※表彰等の事項を記入した場合は、証明する資料(表彰状など)のPDFファイルを添付して下さい。
なお、PDFファイルは、印刷した場合のページ数がA4判1ページのみとし、ファイルサイズは1MB以内として下さい。
ファイルを添付する場合は参照ボタンからファイルを選択して下さい。
 
賞罰
 1.特筆すべき事項がありましたら、200字以内で記入して下さい。
記入した事項を受けた年月を項目の最後に記入して下さい。
表彰等の事項を記入した場合は、証明する資料(表彰状など)のPDFファイルを添付して下さい。
なお、PDFファイルは、印刷した場合のページ数がA4版1ページのみとし、ファイルサイズは
1MB以内として下さい。
 2.特筆すべき事項が無い場合は、「なし」と入力して下さい。

(8)5つの評価指標に対する自己評価  
以下の5つの評価指標に関して、自らの経歴や経験を踏まえて特別上級土木技術者に値すると考えられる理由、および特筆すべき事項を,下記に示す自己評価の視点も考慮に入れて記述してください。なお、経歴や経験について触れる場合には、先の〔業務経歴に関わる事項〕の番号を引用してください。あわせて、受験者の現在のレベルを5段階で申告してください。
【評価指標1】技術者としての倫理観が確立されている:技術者として確固たる倫理観を持ち、
技術の行使にあたって常に自己を律する姿勢を堅持できる技術者であること。
(自己評価内容は200〜300字で記述してください)
※半角文字は2文字で1文字扱い
自己評価内容
上記評価を踏まえた現在のレベル やや劣 普通 やや優 超優
1 2 3 4 5
自己評価の視点(例)
1. 自己の倫理問題で悩んだ経験がある。
2. 職場の倫理問題を経験したことがある。
3. 近年の事例を踏まえ、技術者倫理の低下に強い危機感を持っている
4. 将来発生するかもしれない倫理問題に対して、適切に対応できる自信がある。
・・・など



【評価指標2】専門分野において高度な知識や豊富な経験を有している:土木界の進歩にとって不可欠な高度な知識や、豊富な経験を持つ技術者であること。
(自己評価内容は500〜700字で記述してください)
※半角文字は2文字で1文字扱い
自己評価内容
上記評価を踏まえた現在のレベル やや劣 普通 やや優 超優
1 2 3 4 5
自己評価の視点(例)

1. 自己の経験から、専門分野は明確である。
2. 自己の技術分野は広いが専門ははっきりしている。
3. マネジメント主体であり明確な専門分野はもたない。
4. 専門技術分野での技術検討会、委員会に参加する機会が多い。
5. 委員会・講演会などでの委員長・座長、講師の経験がある。
6. 国際的な学術会議の組織メンバーになったことがある。
7. 現場での実務経験を踏まえており、高度な技術指導が出来る。
8. 自らの専門知識やその分野における豊富な経験は、土木界に寄与できる。
・・・など



【評価指標3】土木に関する幅広い知見を有している:土木に関して、歴史・文化そして国際分野など幅広い知識・見識を持つ技術者であること。
(自己評価内容は300〜500字で記述してください)
※半角文字は2文字で1文字扱い
自己評価内容
上記評価を踏まえた現在のレベル やや劣 普通 やや優 超優
1 2 3 4 5
自己評価の視点(例)
1. 土木の関わりにおいて、文化について勉強したことがあり、今後も勉強していきたい。
2. 海外の調査や留学の経験がある、あるいは、海外業務や海外情報について詳しく、
  海外の技術者との情報交換に努めている。
3. 土木以外の人とも交流があり、それが自らの経験にプラスになった。
4. 土木分野に関する知識は広く、一般の人にも平易に説明できる。
 ・・・など



【評価指標4】組織・プロジェクトを総合的にマネジメントすることができる:多くの技術者によって成り立つ組織を統括でき、プロジェクトを円滑にかつ確実に進めるための総合的な管理運営能力を有する技術者であること.
(自己評価内容は500〜700字で記述してください)
※半角文字は2文字で1文字扱い
自己評価内容
上記評価を踏まえた現在のレベル やや劣 普通 やや優 超優
1 2 3 4 5
自己評価の視点(例)
1. 組織のリーダーとしての経験が豊富である。
2. 国内外において、技術的・環境的に難しいプロジェクトのリーダーとしての経験がある。
3. 自らの経験を踏まえて組織の運営に関わった経験がある。
4. さまざまな技術的問題に関して妥当な判断ができる。
5. 複数の専門分野を経験しており、総合的な見識を有している。
6. 土木界以外の人も含めて、異なる意見を持つ人たちとの合意形成に関与した経験がある。
 ・・・など



【評価指標5】培ってきた技術・経験をもって教育・指導や社会貢献ができる:培ってきた技術・経験により土木界の後進に対して教育・指導ができ、積極的に土木界、社会に貢献できる技術者であること.
(自己評価内容は200〜300字で記述してください)
※半角文字は2文字で1文字扱い
自己評価内容
上記評価を踏まえた現在のレベル やや劣 普通 やや優 超優
1 2 3 4 5
自己評価の視点(例)
1. 教育指導を専門的に担当した経験がある(非常勤講師等も含む)。
3. 基準類の作成や講習会での講師など、技術を広めるための活動を行った経験がある。
4. 社会貢献活動の経験がある(NPOなども含む)。
5. 自らの経験を基に、後進の技術者あるいは一般の人に土木技術を教えた経験がある。
 ・・・など
5つの指標に対する自己評価
 1.受験者が特別上級土木技術者としての認定に値すると判断する理由を、それぞれの
   文字制限数以内で入力してください。

 2.「自己評価内容」には「(7)業務経歴」の番号を引用しながら入力するとともに、
   「上記評価を踏まえた現在のレベル」を5 段階から選択してください。

(9)支払い方法  
お支払い方法を選択して下さい。
     ■ クレジットカード
     ■ コンビニ (セブン−イレブン / ファミリーマート / ローソン / セイコーマート/ペイジー)
支払い方法
  お支払い方法を選択して下さい。
受験申込みの完了
  すべての入力が終わり、「申込み確認へ」ボタンをクリックすると、「入力内容の確認」画面が表示されます。

  内容をご確認の上、修正があれば「戻る」ボタンをクリックして修正して下さい。

  内容がよろしければ「次へ進む」ボタンをクリックして下さい。

  ※注)一度「次へ進む」ボタンをクリックすると確認画面へは戻れません。

       また、お支払い方法も変更できませんのでご注意下さい。

   
 支払い方法でクレジットカードを選択された場合:
   「次へ進む」ボタンをクリックすると「カード決済情報入力ページ」が表示されます。

   必要事項を入力のうえ、「送信」ボタンをクリックして下さい。クレジットカードが正常に認証

   されると「申込み完了」画面が表示され、受験申込みは完了となります。別途、「受験申込

   み」受理の確認メールが入力されたメールアドレス宛に届きます。

  
 支払い方法でコンビニエンス・ストアを選択された場合:

   「次へ進む」ボタンをクリックすると「申込み完了」画面が表示され、受験申込みは完了と

    なります。

    別途、「受験申込み」受理の確認メールが入力されたメールアドレス宛に届きます。

    ただし、確認メールに記載された期日(お申込みから2週間以内)までにお支払いがないと

    受験申込みは無効となりますのでご注意下さい。

(C) Japan Society of Civil Engineers